背景色

文字サイズ

更新日: 2021年08月18日

不育症検査費助成金について

 不育症の方の経済的負担軽減を図るため、鳥取県では、不育症の検査に係る費用を助成しています。

 ※申請先は、鳥取市保健所になりますので、ご注意ください。

 

助成金額

1回当たりの不育症検査に係る自己負担金額全額または1回の検査につき50,000円まで(どちらか低い方)

 

対象となる検査

 先進医療として厚生労働省が告示した検査(現在、「流産検体を用いた染色体検査」が該当)

※ただし先進医療の実施機関として承認されている保険医療機関で行った検査であり、かつ保険適用されている不育症に関する治療・検査を保険診療として実施している医療機関で実施した場合に限ります。

(該当医療機関であるかは、直接医療機関へご確認ください。)

※不育症治療の効果を確認するための検査等、治療の一環として行われる検査の費用を除きます。

 

対象者

 智頭町に住民票があり、次の要件のすべてに該当する方

☐2回以上の流産又は死産の既往がある方

☐助成金の申請を行う不育症検査について、他の自治体から助成を受けていないこと

☐不育症検査結果個票(様式第3号)を国へ提出することに同意すること

 

申請に必要な書類

➀鳥取市不育症検査費助成金交付申請書兼請求書(様式第1号)

➁鳥取市不育症検査費助成事業に係る証明書(様式第2号)

 又はそれに代わる書類

➂不育症検査結果個票(様式第3号)

➃医療機関が発行する助成対象経費にかかる領収書及び診療明細書の写し

➄申請者の住民票(申請日の3か月以内に発行されたもので、マイナンバーの記載がないもの)

※様式第1号~第3号は鳥取市保健所にあります

 

<申請・問合せ先>鳥取市保健所健康・子育て推進課 子育て支援係

住所:〒680-0845 鳥取市富安2丁目138-4 鳥取市役所駅南庁舎1階

電話:0857-30-8584

チャットボット