背景色

文字サイズ

更新日: 2021年06月23日

防災士養成研修の受講者募集について

1 研修の趣旨・目的 
 平成28年10月21日に発生した鳥取県中部地震において、地域の防災リーダーを中心とした共助の取組の重要性が再確認されました。本研修は、平常時に自助・共助の考え方や取組を広げるとともに、災害時には共助の取組の指導や助言を行いうる「防災士」を養成することを目的として実施するものです。 
 
2 研修日時・会場 
 <西部会場>令和3年11月6日(土)午前9時25分から午後6時まで 
       令和3年11月7日(日)午前9時25分から午後5時まで 
        新日本海新聞社西部本社 日本海ふれあいホール(米子市両三柳3060) 
 <中部会場>令和3年11月20日(土)午前8時30分から午後5時20分まで 
       令和3年11月21日(日)午前8時30分から午後4時20分まで 
        倉吉体育文化会館 大研修室(倉吉市山根529-2) 
 
 ※ 各会場、2日目の研修時間は「防災士資格取得試験」の試験時間を含みます。 
 ※ 研修時間は変更となる可能性があります。 
 
3 費用 
 (研修費用) 11,000円 
 (内訳) 
 ・「令和3年度防災士養成研修」受講料:  4,500円 
 ・日本防災士機構が発行する防災士教本代:3,500円 
 ・防災士資格取得試験受験料:      3,000円 

 上記、11,000円は智頭町が負担します。
 
 ※ 防災士資格取得試験に合格された方は、防災士認証登録に別途、5,000円が必要となります。

  その他、郵送料等が別途必要となる場合があります。 
 
4 募集人員 
 西部会場:50名程度、中部会場:70名程度 
 
5 受講資格 
  鳥取県内に居住または勤務し、地域における防災活動の担い手となる意欲のある方 
 
6 申込方法 
 受講申込書に必要事項を記載の上、智頭町役場総務課へ7月27日(火)までにお申込みください。 

Icon 申込書(word) (50.5 KB) Icon 防災士養成研修募集要項(PDF) (814.7 KB)
チャットボット