背景色

文字サイズ

更新日: 2021年11月01日

乳幼児突然死症候群対策強化月間について

乳幼児突然死症候群(SIDS)から赤ちゃんを守りましょう!

~11月はSIDS対策強化月間です~

 

 乳幼児突然死症候群とは、それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく睡眠中に突然死亡する原因不明の病気です。

 12月以降の冬季に発生する傾向が高く、生後2~6か月に多いと言われています。次の3つを守ることを心がけましょう。

 

①1歳まではあお向けで寝る

 医学上の理由でうつぶせ寝をすすめられている場合以外は、赤ちゃんをあお向けに寝かせましょう。

②たばこは吸わない

 たばこはSIDS発生の大きな危険因子です!赤ちゃんの身近にいる人はたばこをやめましょう。

③母乳が出る場合はできるだけ母乳で育てる

 母乳がでない、母親の服薬や仕事の都合などの理由で、母乳で育てられない場合は無理をしないようにしましょう。

 

問い合わせ先:福祉課 電話0858-75-4101

チャットボット