背景色

文字サイズ

更新日: 2021年11月01日

11月は児童虐待防止推進月間です

無題.png

 

 国は、11月を「児童虐待防止推進月間」と位置付け、地域全体が児童虐待問題に対する深い関心と理解が得られるよう、広報・啓発活動を行っています。

 児童虐待とは、保護者が子どもの心や身体を傷つけ、子どもの健やかな発育や発達に悪い影響を与えることを指します。子どもの生命に危険を及ぼす場合もあります。また、子どもの生命は守れても、心と体に深い傷を残すことになります。

 子どもを叩く、蹴るといった暴力だけでなく、子どもの世話をしない、子どもに対して暴言をはく、しつけと称して家の外に出したり体罰を与えるなど、子どもの人権を踏みにじる行為は虐待です。

 また、虐待をしている保護者も、子育てに悩んでいる、相談する人がいない、どのように子どもに関わればよいか分からないなどの状況にあり、支援が必要です。

 自分自身が虐待してしまいそうなとき、虐待を受けているかもしれない子どもを発見したときは、児童相談所虐待対応ダイヤル「189」、もしくは、鳥取中央児童相談所(0857-23-6080)、智頭町福祉事務所にお電話ください。

 

問い合わせ先:福祉事務所 電話0858-75-4102

チャットボット